2008年06月28日

冷やし中華

夏の風物詩。


[用意したもの]

・マルちゃん 極細冷やし中華3食入

・卵1個

・胡瓜1/2本

・トマト1/2個

・ロースハム2枚


[過程]

麺が小分けされていて便(ry

まず錦糸卵。実は単なる卵焼き。
卵を溶いてフライパンで薄く焼く。
でもフライパン径が20cmなのであまり薄くならない。
油を一滴も入れなかったが一切焦げ付かなかった。
むしろフライパンの上で滑る滑る。
マーブルコーティング恐るべし。
焼けたら3つ折にして千切り。太さはデタラメ。

次にハム。
何の工夫も無く千切り。太さはデタラメ。
1パック4枚入りのうち2枚をつまみ食い。

その次は胡瓜。
まず斜めに切る。皮の色合いを残すためらしい。
そしたら千切り。太さはデタラメ。

最後はトマト。
半分にして4つ切り。
残りの半分は胃袋へ。美味しいです。


下ごしらえが終わったら鍋でお湯を沸かす。
沸騰したら麺を投入。早ゆでなので90秒。

ザルにあけて水でさっと洗う。ヌメヌメ。

付属のタレをかけて具をのせて出来上がり。


[完成図]

冷やし中華

麺はどこだ?


[実食]

見た目に反して美味い。
バランスが悪いようにみえて意外とちょうどいい。


[総論]

・具は多いほうがいい

・下ごしらえが面倒

・きざみ海苔を忘れてた

・あまった胡瓜はマヨネーズで

・世の中の奥様方は絶対につまみ食いをしている
posted by しーず at 19:34| 群馬 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 漢の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゅっきゅっきゅっ…( ×д× ;)
Posted by PA at 2008年06月28日 21:37
(#´∀`)リアクションツカイマワスナー
Posted by しーず at 2008年06月28日 22:57
麺類調理シリーズ次回はソーメンか!?
Posted by ラッセン at 2008年06月29日 08:34
(;´∀`)ギク!
Posted by しーず at 2008年06月29日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。